とある提督の交通関連サイト   

2018年12月19日水曜日

【2019年ダイヤ改正情報要約】首都圏各社ダイヤ改正の要点と個人的見解



2019年3月に行われる首都圏各社のダイヤ改正情報を要約して(個人的見解を併記したうえで)ここに記します。半ば自分メモ用ですが、他の方にとっても有益な情報のはずですので、公開します。(個人の判断で重要でないとみなしたものについては一部載せていないのでご了承ください。)

※後日追加で発表された情報などについては随時反映させていきます。

目次


  • JR東日本
  • 小田急電鉄
  • 東京メトロ

  • JR東日本

    東北・北海道新幹線


    青函トンネル内の最高速度が140km/h→160km/hになることから東京~新函館北斗間が最短3時間58分となり、4時間の壁を突破。当該列車ははやぶさ5号(東京820発)、はやぶさ11号(東京936発)、はやぶさ38号 (新函館北斗1725)です。

    個人的には時間短縮自体は良いことだとは思いますが、それ以前にまずは北海道新幹線の需要を伸ばさないとどうしようもないと思います。新函館北斗駅の利用者数は新幹線の駅の中でもワーストランキングに載ってしまうほどです。後、本来貨物輸送がメインであったはずの青函トンネルがどんどん新幹線よりになっていくのもなんだかなというかんじです。

    上越新幹線


    E7系が新規投入され、併せてグランクラスのサービスも開始。ただし、東北新幹線と違って、軽食・ドリンク等のサービスはなしです。

    中央本線

    • 「あずさ」「かいじ」の定期列車がE353系に統一
    • 富士急直通特急「富士回遊」がデビュー(E353系、繁忙期臨時はE257系で充当) 
    • スーパーあずさは廃止
    • ホリデー快速富士山などについては言及なし (廃止が濃厚か)
    • はまかいじについても言及なし
    • 中央・青梅ライナーが廃止され、特急「はちおうじ」「おうめ」に再編

    富士回遊は輸送力不足な気がしますが、繁忙期については臨時便や富士急直通のNEXなどで補うということなのでしょう。はまかいじについては言及がなかった以上わかりませんが、もしダイヤ改正で廃止になる場合、1月3日がラストランになりますね。後、ライナー廃止&特急への格上げについてはこれはもう、グリーン車導入への布石でしょう。

    横須賀線


    朝ラッシュ時間帯のNEXが新宿始発に変更になり、その余剰分で1本増発されます。

    横須賀線ももちろん混んでいますが、一番混んでいるのは湘南新宿ラインの方なんですよね・・・、まあでも湘南新宿ラインの方は埼京線との兼ね合いでなかなか増発が難しいと思うので仕方ないでしょう。

    総武線快速


    夕ラッシュ時間帯の千葉方面の列車が増発され、それに伴いホームライナー千葉が廃止されます。

    グリーン車があるからそれで我慢してねということでしょう。

    京葉・武蔵野線


    夕ラッシュ時間帯に武蔵野線直通列車が1本増発。

    南武線


    夕ラッシュ時間帯に快速列車が上下ともに4本設定されます。(全線通し運転ではなく、稲城長沼~川崎間のみの区間運転)

    南武線の夕ラッシュの混雑をあまり詳しく知らないのであれなんですが、朝ラッシュあれだけ混雑しているような路線で、夕方とはいえ快速設定して、混雑が悪化したりしないんですかね‥‥ちょっと心配です。うまく分散させられればいいですが。

    鶴見線


    朝ラッシュ時の海芝浦行きの列車の一部が武蔵白石行きに変更されます。

    東芝の業績悪化に伴う人員削減の影響なんでしょうかね‥‥

    小田急電鉄

    • 代々木八幡駅ホームの10両化工事完了に伴う10両編成の各駅停車の増発
    • 急行の開成駅停車開始 (一部の快速急行についても途中で種別変更することで停車)
    • 8:10 多摩センター始発の通勤急行を8両→10両化 
    • 北綾瀬駅ホームの10両化工事完了に伴い一部千代田線直通列車の行き先を北綾瀬駅に変更

    もともとこの時間の多摩センター始発の通勤急行はそこまで混んでいないので、小田急側の狙いとしては10両にすることで多摩センターから座れる確率をアップさせたよとアピールするのと、通勤急行の混雑率を下げることで、新百合ヶ丘において快速急行からの誘導を図りたいといったところでしょうか。

    東京メトロ

    • 北綾瀬駅ホームの10両化工事完了に伴い、千代田線支線で10両編成の列車の運転を開始。その上で平日6往復増発
    • 千代田線本線で夕ラッシュ時間帯の列車を増発
    • 東西線で朝ラッシュ前のオフピーク時間帯に増発

    東西線の混雑の抜本的な改善は南砂町駅での交互発着ができるようになってからでしょうね。

    2018年11月18日日曜日

    【経営危機】JR四国の苦しすぎる現状 (比較動画を作ってわかったこと)



    先日、私は「JR四国の駅と東京の駅を比べてみた (ランキング)」というタイトルの動画を投稿しました。この動画は内容的にはブログにもマッチするものですので、今回動画の内容を簡単にブログの方にも記しておこうと思います。



    JR四国の駅と東京の駅を比べてみた (Youtube)



    ニコニコ動画バージョンはこちら (BGMを変えてあります)


    今回の動画ではJR四国第20位の駅との比較からスタートします。20位は琴平駅で一日乗車人員は1127人と、すでに乗車人員は1000人/日を超えているので、少なくともこれだけを見る限りはそこまで悪い印象はありません。が、この後が問題です。何と20位から11位の後免駅までずっと乗車人員2000人/日未満の駅が続きます。比較対象の東京の駅ですと、西武線の支線の駅や京王線・多摩都市モノレールの超ローカル駅と同程度といった具合です。これで上位十何位に入ってきてしまうわけですから経営としてはかなり厳しいと思います。

    10位以降に関しては、10位の新居浜駅で乗車人員2000人/日を一応は突破しますが、5000人/日を超えるのは5位の坂出駅でようやくです。東京の駅なら片倉駅(JR横浜線)と同レベルということになってしまいますので、5位でも一日5000人しかいないというのは相当ヤバいということがわかるかと思います。

    そしてラストのトップ4に関してですが、4位(高知駅)、3位(松山駅)、2位(徳島駅)では乗車人員1万人/日未満で1万人/日を超えるのは1位の高松駅のみとなっています。つまりJR四国で一日乗車人員一万人を超える駅は1駅しかないということです。しかもその数も12579人と、ぶっちぎりで超えているわけではなく、決して多い数字ではありません。東京なら3両の池上線の雪が谷大塚駅と同レベルです。(雪が谷大塚には申し訳ないですが)雪が谷大塚レベルがJR四国のトップになってしまうというのはいくらなんでも厳しすぎます。今後の人口減も考えると将来的には予讃線、土讃線、瀬戸大橋線以外全て廃線なんてことも下手したらあるかもしれません。何とかしてJR四国には踏みとどまってもらいたいものです‥‥

    というわけで、JR四国の上位20駅の利用状況をここまで見てきましたが、この状況ですと経営はかなり厳しいと言わざるをえないでしょう。乗って応援なんていうのもよく聞きますが、正直焼け石に水でしょうね。(もちろん乗らないよりは乗った方がいいには決まっています。) 打開策としては、廃線にするところは廃線にして、駅も不要なところはどんどん廃止にしていくということしかないでしょう。


    ※JR北海道についても同様の記事を先月作成しました。リンクを載せておきます。

    【経営危機】JR北海道の苦しすぎる現状 (比較動画を作ってわかったこと)


    2018年11月2日金曜日

    【経営危機】JR北海道の苦しすぎる現状 (比較動画を作ってわかったこと)




    先日、私は「JR北海道の駅と東京の駅を比べてみた」というタイトルの動画を投稿しました。この動画は内容的にはブログにもマッチするものですので、今回動画の内容を簡単にブログの方にも記しておこうと思います。




    ニコニコ動画バージョンはこちら (BGMを変えてあります)



    まずは、冒頭。冒頭は根室駅ですが、動画を制作する過程で私自身も初っ端から大いに驚かされました。終着駅なら最低でも一日乗車人員500人くらいはいるだろうと高を括っていましたが、甘かったです。動画の冒頭で登場する根室駅はまさかの一日乗車人員70人未満
    都市間の駅で70人ならまあJR北海道基準なら多いほうですし、さほど問題ない (こう言えてしまう時点ですでにおかしい) ですが終着駅でこれはさすがにまずいです。この状況を鑑みれば、東釧路~根室の廃線は時間の問題かもしれません。

    さらに、動画ではその後、稚内駅、網走駅、名寄駅、といったターミナル駅が出てきますが軒並み乗車人員500人以下で、東京のJR東日本乗車人員ワーストランキングに名を連ねるような駅と同程度かそれ以下という現状です。これらの駅はターミナル駅ですので当然所属路線において乗車人員的にはトップクラスなのですが、それらですらこういった状況となると経営的にはかなりしんどいでしょう。

    その後動画では、釧路などの1000人を超える駅がいくつか登場し、5000人の旭川が終わると、札幌都市圏の駅が登場し始めます。ここまでくると、東京の駅ともそれなりに勝負できているので、これらの駅の路線、すなわち、千歳線や函館本線の札幌近郊区間では比較的収支はそこまで悪くないと予想できます。(実際に調べてみたところ、2016年の札幌近郊区間の営業係数は113(>100)とまずまずの数字でした。ただ一番儲かっている所でも100超えているので赤字なんですね‥‥)

    そして動画で最後に登場する1位の札幌駅ではJR単体で9万人超、地下鉄も含めれば18万人超と、それまでの駅とは圧倒的な差です。市ヶ谷という主要駅と互角に張り合えていることから、ここは全国的に見ても乗車人員が多いことがわかります。このことからも札幌都市圏はまだ全然勝負できそうです。


    以上、動画の内容を振り返り、記してきましたが、ここからわかるように、JR北海道は札幌近郊ではそこそこやっていけていますが、そこ以外がひどすぎて話にならないといった状況です。ですので、今後JR北海道が経営状況を抜本的に改善しようとするのならば、札幌近郊以外は徐々に廃線・減便をしていくしかないでしょう。(ただ、今回の動画では貨物輸送を考慮していません。ですので、貨物が走る線に関しては利用者が少なくても、場合によっては残す必要があるでしょう。)


    2018年10月18日木曜日

    【今のうちに撮りたい】JR東日本秋の臨時列車情報まとめ (2018)



    2018年に運転されるJR東日本秋の臨時列車のうち、(車輌形式として)引退が近く、今のうちに撮影しておいた方が良いと思われるものをまとめました。是非、撮影計画の参考にしてみてください。



    185系関連

    何といってもやはり185系の撮影が急務でしょう。秋にはこの形式を用いた臨時列車がたくさん走りますので定期運用以外のこのチャンスを是非利用しましょう


    鎌倉紅葉号(6両全車指定)

    運転日: 11/23,24,25
    発着駅: 青梅 8:41 鎌倉 10:23
                鎌倉18:00 青梅 19:54

    ホリデー快速あたみ号(6両全車指定)

    運転日: 11/10,11
    発着駅: 青梅 8:41 熱海 11:14
                 熱海 17:10 青梅 19:54

    川越まつり号(6両全車指定)

    運転日: 10/20, 10/21
    発着駅: 大船 9:29 川越 11:09
                 川越 16:40 大船 18:28

    おさんぽ川越号(4両全車指定)

    運転日: 10/20, 10/21
    発着駅: 新習志野 9:03 川越 10:29
                 川越 16:00 新習志野 17:41


    485系関連

    こちらについても早めに撮影しておいた方がいいと思います。

    お座敷青梅 奥多摩号(華6両全車グリーン指定)

    運転日: 11/3, 11/4
    発着駅: 立川 9:15 奥多摩10:42
                 奥多摩 17:38 立川 18:55

    はちおうじ やまどり (リゾートやまどり6両全車指定)

    運転日: 10/20, 10/21
    発着駅: 八王子 7:57 長野原草津口 13:45
                 長野原草津口 16:06 八王子 19:52

    しもうさ やまどり (リゾートやまどり6両全車指定)

    運転日: 10/27,10/28
    発着駅: 新習志野 7:30 長野原草津口 13:45
                 長野原草津口 16:06 新習志野 20:02

    四万温泉やまどり (リゾートやまどり6両全車指定)

    運転日: 往路→11/3, 11/10 復路→ 11/4, 11/11
    発着駅: 大宮 8:52 中之条 11:22
                 中之条 15:23 大宮 17:20




    2018年9月29日土曜日

    横浜中心部へ座って通勤通学できる便利な始発駅を紹介(40分以内)

    今回は横浜中心部へ座って通勤・通学が可能な便利な駅をピックアップしてみました。
    東京都心方面への座って通勤に関する記事につきましては以下を参照してください。 

    東京都心へ座って通勤通学できる便利な始発駅を紹介(40分以内)
    https://www.yu199.net/2018/09/station.html


    今回の選定基準は以下の通りです。 

    • 桜木町駅や元町中華街駅などのようにそもそも横浜中心部に位置する駅は除外
    • 横浜中心部(横浜、桜木町など)の駅まで朝ラッシュ時のダイヤで40分以内に乗り換え無しで到着が可能であること。(もちろん着席通勤・通学を前提とします。)
    • 座って通勤・通学にグリーン車・有料特急・新幹線等は含まない。
    • 2路線以上通っている駅であること。(2路線以上通っているというのは何かと便利なので) 
    • 7時台、8時台合わせて計5本以上の横浜中心部へ向かう始発列車が存在すること。

    これらの条件を基に以下の5駅を選定しました。


    あざみ野


    横浜市営地下鉄ブルーラインの始発駅であり、当駅を発車するすべての列車が当駅始発となります。新横浜駅まで16分横浜駅まで28分、関内駅まで33分です。

    ブルーラインあざみ野駅時刻表(平日)

    https://time.ekitan.com/train/TimeStation/270-0_D1_DW0.shtml


    湘南台


    相鉄いずみ野線及び横浜市営地下鉄ブルーラインの始発駅です。両線とも当駅を発車するすべての列車が当駅始発となります。ブルーラインの場合横浜駅まで40分、相鉄の場合横浜駅まで快速(朝もあり)で30分です。

    ブルーライン湘南台駅時刻表(平日)


    相鉄いずみ野線湘南台駅時刻表(平日)

    大船


    京浜東北・根岸線の始発駅であり、当駅を発車するすべての列車が当駅始発となります。また、横須賀線・湘南新宿ラインの一部列車が当駅始発となります。(横須賀線・湘南新宿ラインは7時代2本、8時台3本の当駅始発列車が存在) なお湘南モノレールの始発駅でもありますが、横浜方面へは向かわないので除外します。京浜東北・根岸線は関内まで26分、横浜まで32分、湘南新宿ラインは横浜まで17分です。


    湘南新宿ライン大船駅刻表(平日)

    京浜東北・根岸線大船駅刻表(平日)

    海老名


    相鉄本線の始発駅であり当駅を発車するすべての列車が当駅始発となります。
    横浜まで最速26分(特急)で行くことができます。

    相鉄線海老名駅刻表(平日)

    逗子


    京急逗子線(新逗子)の全列車の始発駅であり、またJR横須賀線・湘南新宿ラインの一部列車の始発駅です。 京急では横浜まで最速34分で行くことができます。また、JRでは7時台に3本、8時台に2本の当駅始発列車が存在し、横浜まで29~30分で行くことができます。

    京急逗子線新逗子駅刻表(平日)
    JR横須賀線・湘南新宿ライン逗子駅刻表(平日)

    2018年9月28日金曜日

    横浜線開業110周年記念弁当を紹介


    私が先日Youtubeにあげた動画を視聴された方はご存知かと思いますが、9/23、私は小机駅の横浜線開業110周年記念イベントに参加して参りました。その日は売り切れのため残念ながら記念の弁当を購入することはできなかったのですが、後日無事に崎陽軒の店舗にて買う事ができました。なお、この弁当が販売されているのは横浜駅中央店、崎陽軒本店ショップ、シャルプラット東神奈川店、ビーンズ中山店の4店舗のみです。また、9/23に販売されたものと、9/24以降に販売されたものとでは外側の掛け紙が異なります

    弁当の外観はこんなかんじです。(9/24以降のバージョン)



    205系E233系の写真が載っています。205系の写真については幕式でスカート無しですから結構前のものですね。ちなみに9/23に販売されたバージョンでは103系E233系の写真が載っています。(となるとやはり鉄的には23日バージョンの方が皆さん欲しいのでしょうね・・、だからあんなに売り切れが早かったわけだ・・)


    そして中身






    赤飯、横浜線のカラーをイメージした茎わかめごはん、卵焼き、かまぼこ、有頭海老具足煮、赤魚照り焼き、ピリ辛こんにゃく煮、シウマイ3個、里芋煮、ニシン昆布巻き、梅型人参煮、筍煮、シウマイまん、JR東日本横浜線開業110周年記念ひょうちゃんしょう油入れ(2種類ランダムで封入)から構成されています。1100円ということもあってかなり豪華になっています。

    どれもたいへん美味でした。崎陽軒とJR東日本に感謝です。
    いつも400円程度のコンビニ弁当で昼を済ませている自分としてはなんだか久しぶりにお昼から奮発したなという感じです。

    ちなみに3000食限定とのことですが、まだ販売は継続しているようなので、欲しい方は、早目に購入されることをオススメします。(無くなり次第終了とのことです)

    2018年9月22日土曜日

    東京都心へ座って通勤通学できる便利な始発駅を紹介 (40分以内)

    今回は東京都心へ座って通勤・通学が可能な便利な駅をピックアップしてみました。 今回の選定基準は以下の通りです。


    • 山手線外の駅であること。(山手線内の駅が便利なのは当たり前なので除外しています。)
    • 山手線内の駅まで朝ラッシュ時のダイヤで40分以内に乗り換え無しで到着が可能であること。(もちろん着席通勤・通学を前提とします。)
    • 座って通勤・通学にグリーン車・有料特急・新幹線等は含まない。
    • 2路線以上通っている駅であること。(2路線以上通っているというのは何かと便利なので)
    • 7時台、8時台合わせて計5本以上の都心へ向かう始発列車が存在すること。

    これらの条件を基に今回以下の12駅を選定いたしました。



    西船橋


    この駅はJR中央総武線各駅停車の一部列車及び東京メトロ東西線の一部列車の始発駅です。 前者には7時台3本、8時台8本の当駅始発列車が存在し、後者には7時台に5本、8時台に4本の当駅始発列車が存在します。ただし両路線とも最混雑区間の混雑率は毎年日本一を争うほどに高くて有名なので座れないと大変です。総武線各停は秋葉原まで30分、飯田橋まで36分、新宿まで50分で、東西線は大手町まで37分、飯田橋まで44分です。

    中央総武線各駅停車西船橋駅時刻表 (平日)

    https://time.ekitan.com/train/TimeStation/184-9_D2_DW0.shtml

    東京メトロ東西線西船橋駅時刻表 (平日)


    本八幡


    都営新宿線の始発駅です。終点であるため、駅を発車するすべての列車が当駅始発となります。神保町まで32分、市ヶ谷まで36分です。

    都営新宿線本八幡駅時刻表 (平日)

    https://time.ekitan.com/train/TimeStation/223-20_D1_DW0.shtml

    北千住


    東京メトロ日比谷線の一部列車の始発駅です。7時台9本、8時台9本の当駅始発列車が存在し、日比谷まで32分です。また、東武伊勢崎線の浅草方面へ向かう一部列車が当駅始発となりますが、 浅草は山手線内の駅ではないのでここでは省略します。

    日比谷線北千住駅時刻表 (平日)

    https://time.ekitan.com/train/TimeStation/273-0_D1_DW0.shtml

    南浦和


    JR京浜東北線の一部列車の始発駅です。7時台6本、8時台7本の当駅始発列車が存在します。上野まで32分、東京まで41分です。

    京浜東北線南浦和駅時刻表 (平日)

    https://time.ekitan.com/train/TimeStation/79-4_D2_DW0.shtml

    武蔵浦和


    JR埼京線の一部列車の始発駅です。ただし埼京線の混雑率は日本トップクラスですので座れないと大変です。7時台4本、8時台4本の当駅始発列車が存在します。池袋まで26分、新宿まで32分です。

    埼京線武蔵浦和駅時刻表 (平日)


    荻窪


    東京メトロ丸の内線の始発駅です終点であるため、当駅を発車するすべての列車が当駅始発列車となります。新宿まで14分、東京まで35分です。

    丸の内線荻窪駅時刻表 (平日)


    吉祥寺


    京王井の頭線の始発駅です。終点であるため、当駅を発車するすべての列車が当駅始発列車となります。朝であっても渋谷駅まで30分以内で行けます。

    井の頭線吉祥寺駅時刻表 (平日)

    https://time.ekitan.com/train/TimeStation/266-16_D1_DW0.shtml

    大宮


    様々な路線の始発駅となっている大宮駅ですが、ここでは最初に挙げた条件に合致するJR埼京線とJR京浜東北線のみ取り上げます
    埼京線は7時台に4本、8時台に5本の始発列車が存在します。京浜東北線に関しては当駅を出るすべての列車が始発列車となります。埼京線は池袋まで40分前後、京浜東北線は日暮里まで40分、上野まで44分です。


    大宮駅埼京線時刻表(平日)


    大宮駅京浜東北線時刻表(平日)

    https://time.ekitan.com/train/TimeStation/79-0_D1_DW0.shtml

    日吉


    東急目黒線及びグリーンラインの始発駅。ここでは最初にあげた条件に合致する目黒線のみ取り上げます。当駅を出る目黒線の列車はすべて当駅始発となります。急行ですと、目黒まで22分、三田まで31分、永田町まで38分、大手町まで40分です。(各停の場合+5~10分)

    日吉駅目黒線時刻表(平日)

    https://time.ekitan.com/train/TimeStation/215-12_D1_DW0.shtml

    蒲田


    京浜東北線の一部列車の始発駅であり、東急池上・多摩川線の当駅を出るすべての列車が当駅始発です。ここでは最初にあげた条件に合致しない多摩川線は除外します。 京浜東北線は7時台5本、8時台4本の始発列車が存在します。品川まで10分、東京まで23分です。池上線の場合、五反田まで27分です。

    蒲田駅池上線時刻表(平日)

    蒲田駅京浜東北線時刻表(平日)


    菊名


    東急東横線の一部列車(各停)の始発駅です。7時台4本、8時台4本の始発列車が存在します。渋谷まで38分です。

    菊名駅東横線時刻表(平日)

    https://time.ekitan.com/train/TimeStation/216-15_D1_DW0.shtml

    中目黒


    東京メトロ日比谷線の全ての列車が当駅始発となります。六本木まで8分、銀座まで19分です。

    中目黒駅日比谷線時刻表(平日)

    https://time.ekitan.com/train/TimeStation/273-20_D1_DW0.shtml

    横浜中心部への座って通勤に関する記事につきましては以下を参照してください。
    https://www.yu199.net/2018/09/tsukin.html

    【2019年ダイヤ改正情報要約】首都圏各社ダイヤ改正の要点と個人的見解

    2019年3月に行われる首都圏各社のダイヤ改正情報を要約して (個人的見解を併記したうえで) ここに記します 。半ば自分メモ用ですが、他の方にとっても有益な情報のはずですので、公開します。(個人の判断で重要でないとみなしたものについては一部載せていないのでご了承ください...